+420 606 666 064 Podpora Příhlásit se

メタバースは小売業にとって何を意味するのか?

今、話題のメタバースですが、多くの人がまだ戸惑っていますし、場合によっては非常に警戒していることもあります。 では、この謎めいたコンセプトとは一体何なのでしょうか。また、現在の小売業の未来にとって、どのような意味を持つのでしょうか。 これは、これまでで最も没入感のあるカスタマーエクスペリエンスになるかもしれません。 それとも単なるゲームブームなのでしょうか?

メタバースとは?

つまり、メタバースとは、3D仮想世界のネットワークのことです。 このネットワークを構成する技術には、遊んでいない時でも仮想世界が存在するVR(バーチャルリアリティ)や、デジタルと物理を組み合わせたAR(オーグメンテッドリアリティ)などがあります。 店舗や不動産が立ち並び、「住人」は自分を表すアバターを選んで、メタバース的なビジネスを展開する。

ゲームにおけるメタバースの例としては、『フォートナイト』が最も有名でしょう。 2017年に発売されたオンラインビデオゲームは、ゲーマーがオンラインでありながらリアルな空間で遊び、競い合うことを求め、瞬く間に全世界で4億人のユーザーを抱える文化現象となりました。 プレイヤーは以前からコンサートに行ったり(2020年にはトラヴィス・スコットがこのプラットフォームを通じてバーチャルライブを行った)、ゲーム内でブランドグッズを買ったりしている。

これは、小売業にとってどのような意味を持つのでしょうか。

すでに、Vans、Gucci、Nike、Hyundai、Burberryなどの有名な「メタバースストア」で、好きなだけ買い物したり、ブランドの遊び場でスケボーしたり、車に試乗したりできることを考えると、ブランドがこのトレンドを真剣に捉えていることは明らかです。 全世界で4000万人以上のユーザーを持つRobloxのようなビデオゲームプラットフォームでは、ビットコイン、ブロックチェーン、NFT(non-fungible tokens)を燃料として、自分のアバター用のバーチャルグッズにリアルマネーを使うことができるのです。 Robloxのユニークなグッチハンドバッグが最近4,000ドル以上で転売されましたが、これはマジな話です。

また、あらゆる業界のブランドが、仮想空間を利用して商品を紹介する試みを行っています。 ダイソンは2021年11月、メタのオキュラスストアを通じて、同社のヘアスタイリングツールなどのコンシューマー向け製品を紹介するアプリとして利用できるバーチャルショールームを開設しました。 一方、サムスンは、ニューヨークのハイテク旗艦店を再現した没入型体験をDecentralandプラットフォームで開始しました。

小売業のメタバースが興味深いのは、それが現実の世界とどのように相互作用し、影響を及ぼし、融合していくかという点です。 バーチャルな拡張体験は、消費活動やブランド・エンゲージメントという形で、小売業に新たな刺激的な機会を提供します。

ブランドや小売業はどのように活用すればよいのでしょうか。

メタバースへの参入や投資を考えている人は、この動きの速い空間で実験し、学ぶことを厭わないはずです。 当社の最近のレポート「Charting In-Store Trends」によると、全世界で調査した買い物客の49%が、メタバースや同様の仮想空間でブランドの店舗を訪れる方法に関する情報を提供することを小売業者にとって重要であると考えていることがわかりました。

ブランドや小売業者がメタバースに足を踏み入れ、そこから利益を得るための例としては、現実の店舗で利用できるポイントを仮想世界で提供したり、スマートフォンのAR機能によって店舗で没入型のデジタル体験を提供するブレンデッド・リアリティ・ショールームに投資したりすることが挙げられます。 例えば、物理的な商品とデジタルの商品を同時に購入できる「メタバース」や、2つの空間を融合させたインタラクティブなゲームなどが挙げられます。

メタバースは、好むと好まざるとにかかわらず、特に今の若い世代にとって急速に現実味を帯びてきています。 それに乗るか乗らないかは、小売店次第です。