+420 606 666 064 Podpora Příhlásit se

世界のクリスマス・ソング

ハロウィンが終わると同時にクラシックを聴き始める人と、ハロウィンの期間中はクラシックを聴かない人とに分かれます。

クリスマス・ソングをもっと楽しみたい!」「いつものクリスマス・ソングに飽きた!」という方のために、音楽監修者たちが、今まで聴いたことがないような世界のクリスマス・ソングをご紹介します。

Tunde Ednut – Jingle Bell feat. ダビド、ティワ・サヴェージ、セウン・クティ

Tunde EdnutのJingle Bellは、国際的なスターであるDavido、Tiwa Savage、Fela Kutiの息子Seunが参加した、クリスマスの雰囲気を持つ現代ナイジェリアン・アフロポップ・ソングです。

マリア・メナ – ホーム・フォー・クリスマス

マリア・メナの「ホーム・フォー・クリスマス」は、彼女の母国ノルウェーで非常に人気のあるクリスマスソングです。

Paul Ngozi – Happy Christmas

ザンビアのギタリスト、シンガーソングライター、ポール・ンゴジが70年代に発表した、楽しくて元気が出る曲です。

イレイジャー – She Won’t Be Home (Redux)

クリスマスがシンセポップになったら、きっとこんな感じなんだろうな。

AFTERSCHOOL – ラブ・ラブ・ラブ

クリスマスといえばキャッチーなジングルですが、AFTERSCHOOLのKPOPはその条件をすべて満たしています。

クレイジー・エマ ~クリスマス・ソング~(スペシャル・エフェクト by スコッティ・ドッグ)

1972年の「Let’s Get It Together For Christmas」盤の裏面は、クリスマス・ファンク/ソウルの傑作である。

ジュリア・ジャックリン – ベイビー・ジーザス・イズ・ノーバディーズ・ベビー・ナウ

ジュリア・ジャックリンが絵の具のように言葉を使い、オーストラリアの郊外のクリスマスをメランコリックなフォーク・ポップで表現しています。 この作品は、彼女の紛れもないヴォーカルの下に、優しく、時代を超えたものとして存在しています。 2021年にリリースされて以来、この曲は瞬く間にオーストラリアのクリスマス・リスニングの定番となった。

伊藤千枝里 – メリー・クリスマス

84年のシティ・ポップの名曲を、この季節にプレイリストに追加してみませんか。

ザ・シャ・ラ・ダス – シャ・ラ・ダ・ラ・ラ (クリスマスタイム)

サイケデリックポップ、ロックンロール、60年代ソウルの要素を取り入れた、ボーカルカルテットThe Sha La Dasの歌声のハーモニーをお楽しみください。