+420 606 666 064 Podpora Příhlásit se

レストランのための音楽ガイド

レストランに音楽を加えることが、なぜ賢いビジネスなのか?

音楽が流れていないレストランを最後に利用したのはいつだったか覚えているだろうか?

我々もそうだ。

音楽はレストラン業界の定番であるため、そうでなくなるまでその存在に気づかない。 レストランの良いBGMは、気分を左右するのに驚くほど効果的だ。 好きな音楽を聴くと、もう少しその場にいたくなる。 音楽が悪ければ(最悪、まったくなければ)、不快に感じて帰ってしまうかもしれない。 それほどパワフルなのだ。

ムード・メディアのクリエイティブ・プログラミング担当グローバルSVPであるダニー・ターナーは言う:
“音楽はあなたのエネルギーレベルを確立します。音楽はゲストや顧客を心地よくさせます。レストランでは、人の会話に合わせたサウンドトラックを提供することで、不快な沈黙を避けることができます。厨房や隣のテーブルからの雑音を隠したり、バーで友人たちが共有する楽しい思い出やお祝いの瞬間の引き金になるかもしれません。”

レストランで最高のBGMを選ぶために最も重要な質問の答えを見つけるために読み進めてください。

レストランの音楽ライセンスはいくらですか?

レストランのオーナーとして、あなたの店のために音楽ライセンスを取得するためにどのくらいの費用がかかるのか疑問に思うかもしれません。 音楽ライセンスにかかる費用は、レストランの規模、スピーカーの数、流したい音楽の種類など、いくつかの要因によって異なりますが、一般的な情報を提供することで、費用に関する理解を深めていただくことができます。

レストランの音楽ライセンスにかかる費用は、著作権のある音楽を流すか、著作権のない音楽を流すかによって異なります。 著作権のある音楽を演奏する場合は、SACEM(フランス)、GEMA(ドイツ)、PRS for Music(イギリス)、SIAE(イタリア)などの演奏権団体(PRO)からライセンスを取得する必要があります。 これらの団体は、音楽制作者の権利を代表し、あなたの施設で合法的に彼らの音楽を流すことを許可しています。 これらの団体による音楽ライセンスの費用は、レストランの規模やスピーカーの数にもよるが、通常、年間数百ドルから数千ドルである。

あなたが適切な権利を取得することに伴う法的な頭痛の種を避けたい場合は、あなたの音楽ライセンスのニーズを処理するために支援するプロの音楽プロバイダに連絡するのが最善かもしれません。 音楽ライセンスにかかる費用は、音楽があなたのビジネスにもたらすメリットを考えれば安いものだ。 また、プロのプロバイダーを利用すれば、ブランド・アイデンティティを反映したプレイリストを簡単に作成できる。

レストランに最適なBGMとは?

レストランのオーナーとして、あなたの店にふさわしい音楽を選ぶことは、ゲストに完璧な雰囲気を作り出すために不可欠です。 しかし、非常に多くのジャンルやスタイルの音楽があるため、どのような音楽がレストランに最適かを判断するのは難しいかもしれません。 あなたのビジネスに最適な音楽を選ぶ際に考慮すべき要素を探ってみよう。

何よりもまず、お店のスタイルやテーマに合った音楽を選ぶことが大切です。 あなたのブランド・アイデンティティをサポートするジャンルを選ぶようにしてください。

レストランの音楽を選ぶ際に考慮すべきもう一つの重要な要素は音量である。 音楽は食事体験を豊かにするものではあるが、気が散ったり、会話を続けるのが難しくなるような大音量であってはならない。

さらに、音楽のテンポはその日の時間帯にふさわしいものでなければならない。 例えば、ランチタイムには落ち着いたリラックスできる音楽を、ディナータイムにはテンポを上げてエネルギッシュな雰囲気を演出するのがよいでしょう。

レストランの音楽はなぜ重要なのか?

レストランで音楽を流すことは、経営者であるあなたにとっても、お客様にとっても、そして従業員にとっても、多くのメリットがあります。 レストランの音楽がビジネスにとって重要な理由をいくつか挙げてみよう。

1カスタマー・エクスペリエンスの最大化

レストランのBGMの最も明白な利点の一つは、顧客体験を向上させることである。 お客がレストランに入るとき、ある種の雰囲気を期待するが、音楽はその雰囲気作りに大きな役割を果たす。 適切な音楽は、ダイニング体験全体のトーンを設定し、顧客がより快適で安心して感じることができます。

「音楽は文字通り、顧客がドアをくぐった瞬間から体験のトーンを確立する。 彼らは、あなたの物理的な空間について十分に意見を持つようになるずっと前に、音楽を耳にする。 反応は即座でインパクトがある。

– ダニー・ターナー – ムード・メディア クリエイティブ・プログラミング グローバルSVP

レストランのBGMは、食事をする人を良い気分にさせるだけでなく、鍋やフライパンの音や他のテーブルからの会話など、不要な雑音をかき消すのにも役立つ。 これによって、客は自分の会話に集中しやすくなり、気が散ることなく食事を楽しむことができる。

2売上増加

レストランのBGMが売り上げを伸ばすことをご存知だろうか。 調査によると、音楽が流れていると、客は店内でより多くの時間を過ごし、より多くの食べ物や飲み物を注文する傾向があるという。

実際、世界の消費者の3人に1人は、音楽があれば滞在時間が長くなると答えている。

さらに、音楽は顧客の購買意思決定にも影響を与える。 例えば、明るい音楽をかければ、デザートや食後の飲み物を注文する可能性が高くなるし、ゆっくりした音楽をかければ、料理の注文を促すことができる。

3ブランドのトーンを決める

レストランで流す音楽は、あなたのブランドのトーンを設定するのにも役立ちます。 例えば、高級レストランを経営しているのであれば、より洗練された雰囲気を演出するためにクラシックやジャズを流したくなるかもしれない。 一方、もっとカジュアルな店を経営しているのであれば、ポピュラー音楽やトップ40のヒット曲をかけたくなるかもしれない。

レストランにふさわしいBGMを選ぶことで、ターゲットに響くブランドイメージを作り出し、競合店との差別化を図ることができます。

4従業員の士気を高める

レストランでBGMを流すことは、従業員にも良い影響を与える。 適切なプレイリストは、職場の気分を改善し、生産性を高め、ストレスを軽減する。 より快適で楽しい環境を作ることで、従業員の士気と仕事への満足度を向上させることができる。

さらに、音楽を流すことで従業員同士の仲間意識を高めることもできる。 全員が同じ音楽を楽しむことで、一体感やチームワークが生まれ、仕事全体のパフォーマンスを向上させることができる。

5顧客フロー管理に役立つ

飲食店のBGMは、お客様の流れを管理するのにも役立ちます。 さまざまな時間帯にさまざまなタイプの音楽を流すことで、リズム感や流れが生まれ、お客の増減を管理しやすくなる。

例えば、忙しい時間帯にはもっと明るい音楽を流して、お客さんに早く食べて帰ってもらうようにするとか。 逆に、ゆっくりした時間帯にはゆっくりとしたBGMを流し、お客に長居して食事を楽しんでもらうのもいいだろう。

一日を通して異なるスタイルの音楽を使い、リスナーに影響を与えるという考え方は、スティミュラス・プログレッションとして知られている。 このコンセプトは1950年代、世界初の、そして間違いなく世界で最も有名なBGM会社のひとつであるMuzakによって開拓された。

6簡単で費用対効果が高い

レストランにBGMを追加する良い点は、簡単で費用対効果が高いことです。 Mood MediaのようなリーズナブルなBGMプロバイダーがあれば、レストランのためのカスタムプレイリストを作成することがこれほど簡単なことはありません。 また、ほとんどのストリーミング・サービスは手頃な料金のサブスクリプション・プランを提供しているため、銀行を破綻させることなく、レストラン用のBGMをお店に加えることができる。 音楽を演奏することは、他の分野でもお金を節約することができる。 例えば、適度な音量で音楽を流すのであれば、防音や断熱の費用を節約できるかもしれない。

結論

ここまでで、レストランに音楽を加えることで多くのメリットがあることがお分かりいただけただろう。 食事体験の向上から、売上の増加、顧客からのブランドイメージの向上まで、レストランの成功には適切な音楽を提供することが不可欠です。

もしあなたが、あなたのブランドに合わせてデザインされた飲食店向けBGMを導入し、あなたが望むような集客を実現し、確実に結果を出したいとお考えなら、下のリンクをクリックして、さっそく始めましょう。