+420 606 666 064 Podpora Příhlásit se

社内コミュニケーションをサポートするデジタルサイネージ活用の5つのベストプラクティス

休憩室のコルクボードが時代遅れでぼろぼろになり、見落とされたお知らせで覆われているのは、もう過去の話です。

現在、さまざまな業界のブランドが、社内コミュニケーション活動を支援・強化するためにデジタルサイネージを採用しています。

例えば、全国展開しているペット用品店では、倉庫施設にMood Mediaのデジタルサイネージを導入し、従業員に会社のニュースや情報を伝えています。 ある世界的なレストランチェーンでは、各ステーションにいるラインコックがお客様の注文を会社のレシピ通りに調理できるよう、厨房全体にこのシステムを導入しています。 ある地域食料品チェーンでは、店内デジタルサイネージシステムを利用して、従業員トレーニングビデオの上映、日替わり・週替わりの特売品の案内、優秀なチームメンバーへの賞賛、地域貢献の表彰などを行っています。 業種を問わず、デジタルサイネージはカスタマイズや拡張が可能なソリューションとして、社内のコミュニケーションをサポートすることができます。

デジタルサイネージは、重要なニュースや会社のお知らせを目立つように表示し、従業員の教育、保持、情報提供を確実にします。

社内コミュニケーションのためのデジタルサイネージベストプラクティス

デジタルサイネージをビジネスに活用するために、以下のベストプラクティスに留意して、投資を最大限に活用してください。

1.スタイルガイドを作成する。 デジタルサイネージやデジタルサイネージコンテンツプラットフォームのプロバイダーの中には、業種別に数多くのテンプレートを提供しており、それを使って一貫したブランドの外観やビジネスのためのデザインの枠組みを確立することができるものもあります。 もちろん、自分で作ることもできます。 テンプレートやガイドラインをあらかじめ設定しておくことで、場所に関係なく、すべてのメッセージとデザインを統一することができます。 複数の拠点や部署がある場合、デジタルサイネージをプログラムして、複数の拠点にまたがるダイナミックなコンテンツや、特定の拠点向けのコンテンツを提供することができます。また、スタイルガイドによって、外観や印象の観点から、すべてのコンテンツをブランド内に保つことができます。

2.メッセージは簡潔明瞭に 毎月のコンテンツ戦略を事前に計画し、メッセージをシンプルかつタイムリーに伝えるためにコンテンツを編集してください。 メッセージは数個の箇条書きにし、簡潔であればあるほどよい。 ソーシャルメディアの時代になって、人間の注意力は金魚以下になってしまった。

3.スイッチ・イット・アップ コンテンツを頻繁に変更し、常に従業員を惹きつけながら、新鮮さと最新性を感じさせるコンテンツプランを作成します。 デジタルサイネージシステムには、これをシームレスに行うためのソフトウェアが含まれているはずです。 適切なプロバイダーを利用すれば、新しいコンテンツをドラッグ&ドロップで簡単に配置できるだけでなく、曜日ごと、シフトごと、さらには店舗ごとにスケジュールを組むことも可能です。 バランスの取れたコンテンツミックスを計画する。 例えば、デジタルサイネージで従業員のスケジュールを表示し、従業員の注目を集めるだけでなく、スクリーン上で時間をかけて従業員のパフォーマンスを評価し、賞賛することができます。

4.インスピレーションを与えること。 継続的な研修や社員の能力開発をサポートするために、視聴者を飽きさせないような示唆に富むコンテンツを取り入れる。 モチベーションを高める引用文、経営陣による社内コメント、個人・チーム・部門の業績に関するストーリーなどは、インスピレーションを高める有用なコンテンツの一例です。

5.フィードバックを収集する。 表示されているコンテンツについて、従業員の見解を聞く。 コンテンツプランの拡充のために、社員がアイデアを提供するチャンネルを設ける。 従業員のフィードバックから得られる洞察、経験、アイデアは非常に貴重であり、コンテンツの一貫性と関連性を維持するために役立つはずです。

クールなモニターを超えた…

デジタルサイネージは、単にかっこいいモニターで視聴者を惹きつけるだけではありません。 カスタマイズ可能でインタラクティブな効果的ツールであり、従業員のエンゲージメント、オンボーディングやトレーニングプログラムの効果、さらには従業員全体の生産性を向上させるために活用することが可能です。 また、ブランドメッセージ、画像、その他のカスタマイズされたコンテンツとつながり、エンゲージするためのチャンネルを作ることもできます。 誕生日や仕事の記念日、優秀なチームメンバーへのお祝い、会社の最新情報やニュースの表示、スケジュールの配信など、社内コミュニケーションツールとしてデジタルサイネージを活用するメリットを実感しているブランドが増えています。